利尻ヘアカラートリートメント 縮毛矯正

利尻ヘアカラートリートメントと縮毛矯正との併用は可能か?

 

利尻ヘアカラートリートメントと縮毛矯正との併用は可能か

 

地毛が癖毛の場合、かつてはスタイリングや日頃のケアに悩む方々が多かったようですが、近年は「縮毛矯正」という施術方法が確立して癖毛の方であってもサラサラのストレートヘアを手に入れる事が可能になりました。

 

髪の毛に関する悩みで常に上位にランクインする「癖毛」ですが、それをカバーする方法がポピュラーになってきたのはとても喜ばしい事ですよね。

 

しかし、髪の毛に関する厄介な問題は癖毛以外にも存在します。

 

その一つが「白髪」で、こちらも多くの人が頭を抱える面倒な悩みの一つであると言えるでしょう。

 

その白髪ケアのアイテムとして話題になっているものに「利尻ヘアカラートリートメント」という商品があります。

 

無添加処方で髪の毛や頭皮にも優しく、トリートメント効果で艶のある髪の毛を目指す事が出来るという事で人気を集めつつあるようです。

 

これらの2点の併用が可能であるとしたら、髪の毛に関する悩みの解消を目指す上でとても嬉しいですよね。では、これらの併用は可能なのでしょうか?詳しく見てみましょう。

 

 

 

利尻ヘアカラートリートメントと縮毛矯正の併用は可能

 

利尻ヘアカラートリートメントは無添加処方なので基本的には安心

 

結論から言うと、利尻ヘアカラートリートメントと縮毛矯正との併用は基本的には可能です。

 

これで、「癖毛」と「白髪」という髪の毛に関する悩みの解決への道筋が開けるという事にもなりますね。

 

しかし、ここで注意をしなければならないのが「利尻ヘアカラートリートメントと縮毛矯正の施術の順番」です。

 

 

縮毛矯正→利尻ヘアカラートリートメントの順番を守るべし

 

これらを併用したい場合には、まず縮毛矯正の施術を受けてから利尻ヘアカラートリートメントを使用するようにしなければなりません。

 

一体何故なのでしょうか?ここで縮毛矯正の簡単な流れについて見てみましょう。

 

縮毛矯正の施術の流れはざっくりと言うと以下のような形になります。

 

  1. 「1液」という薬剤を髪の毛に塗布
  2. ヘアアイロンを使用して髪の毛をストレートにする
  3. 「2液」という薬剤を髪の毛に塗布してストレートの状態をキープする

 

上記のような流れで癖毛を真っ直ぐにしていくわけですが、ここで注目をしたいのが「1液」と「2液」という薬剤。

 

仮に利尻ヘアカラートリートメントを使用した後に縮毛矯正をしてしまったとしたら、薬剤の影響でせっかく染まった色が落ちてしまう可能性が考えられるようです。

 

薬剤同士の化学反応は未知の世界で、もしかすると色落ちに留まらず他にもあらゆる悪影響が発生する事もあるかもしれません。

 

それを防ぐ為にも、「縮毛矯正の後に利尻ヘアカラートリートメントを使用する」という順番をきちんと守るようにしましょう。

 

 

縮毛矯正後に利尻ヘアカラートリートメントを使用する事のメリット

 

縮毛矯正後に利尻ヘアカラートリートメントを使用する事のメリット

 

縮毛矯正後、というポイントさえ守れば、利尻ヘアカラートリートメントとの併用が可能である事が分かりました。

 

むしろトリートメント効果を見越すと、縮毛矯正後のダメージを受けた髪の毛のケアも兼ねる事が出来て一石二鳥であると言っても過言ではないでしょう。

 

縮毛矯正はサラサラのストレートヘアを実現させる為、パッと見た感じではそのダメージが分かりにくいのですが、強い薬剤を2点も使用している上にヘアアイロンで熱も加えています。

 

そのダメージは相当な強さである事が分かりますよね。

 

白髪のケアももちろんですが、縮毛矯正後の髪の毛を労わる為にも、ぜひ利尻ヘアカラートリートメントを使用してみて下さい。

 

縮毛矯正後、最低でも3日間ほど時間を空けるとより安心ですね。

 

 

このように、縮毛矯正と利尻ヘアカラートリートメントの併用は基本的には可能である事が分かりました。

 

しかしながら、薬剤の種類や髪の毛の状態によって色が入りにくくなったり想像していた仕上がりと異なったりする場合なども考えられるので、それらの心配を払拭したいのであれば、施術をしてもらう美容室に直接問い合わせをする事をお勧めします。

↓自然な髪色へ 1,000円OFFはこちら↓

利尻ヘアカラートリートメント