ブラインドタッチ習得による文章作成スピードの向上

ブラインドタッチ習得による文章作成スピードの向上

 

画面のみを見る工夫をしながら、とにかく日常的にキーボードでの文章入力の機会を設ける

 

キーボードに置かれた指を見ずに、画面のみを見ながらキーボードでの文章入力を行うブラインドタッチを習得すると、仕事の効率はおそろしく上がります。
それを習得するためには、とにかく日常的に、キーボードに目をやらないようにして文章を入力することが有効となります。

 

 

1.ブラインドタッチの習得が仕事にもたらす効果

 

ブラインドタッチという言葉をご存知でしょうか。
キーボード上の指を見ずに、文章入力を行うことです。
身についている人もみかけますが、身に着けていない人もまだまだ多いようです。
このブラインドタッチを習得しているのとしていないのでは、仕事のしやすさが全く違ってくることをご存知でしょうか?
ブラインドタッチをしない場合、画面と指を交互に見ることになります。
この首と目の動きが、実は結構な負荷となっているのです。
つまり、ブラインドタッチをしない場合、同じ文章を作る場合でも、疲労感が異なってくるのです。
また、ブラインドタッチは、画面のみをみて指はほぼ無意識に動かせるようになるので、画面とキーボードを交互に見る場合と文章作成スピードが圧倒的に違ってきます。
結局どういうことかというと、ブラインドタッチができる人は、できない人に比べて、圧倒的に作業効率が良いということなのです。

 

 

2.ブラインドタッチを習得するために

 

ブラインドタッチを習得するためには、まずキーボードの配置を指に覚えさせなければなりません。
最初は、画面のみを見るようにして、わからなくなった時だけキーボードを見るようにすることを繰り返せば、段々と覚えていくでしょう。
また、市販のブラインドタッチ練習用のゲームなどを買ってそれで練習するのも、飽きずに続けられる方法といえます。
どうしてもキーボードを見る癖が抜けないという場合には、いっそ目隠しをしてみり、キーボードと手をタオルで覆うなどして、キーボードを強制的にみることができない状態に置くことも有効です。
ある程度慣れてきたら、後は日常的にとにかくキーボードで文章入力する機会を儲けましょう。
日常的に文章を打つといえば、現在ではスマートフォンの画面上での入力の機会が多いでしょう。
そこで、スマートフォンに接続できるキーボードの使用をお勧めします。
これを使えば、スマートフォンでのメールやLINEなどでも、キーボードの練習ができるようになります。
こうして日常的に、ブラインドタッチを意識しながら文章入力をして、さらに仕事上でもそれをやっていると、不思議とそれが当たり前になり、いつの間にか仕事の効率が上がっているのです。