利尻ヘアカラートリートメント アレルギーの心配

利尻ヘアカラートリートメントにアレルギーの心配はあるの?

 

利尻ヘアカラートリートメントにアレルギーの心配はあるの

 

基礎化粧品やシャンプー、トリートメントなど、皮膚や頭皮に直接付ける系統のアイテムに関して「アレルギーの心配はあるのか?」という点は非常に重要です。

 

化粧品が原因で発生するアレルギーは中々厄介で、ひどい場合は身体中に発疹が出たりまぶたが腫れてしまったり等の症状が出る可能性もあるのです。

 

このようなケースはなるべく避けたいですよね。

 

さて、近頃「利尻ヘアカラートリートメント」というアイテムが話題になっており、メディアで取り上げられたりもしているようですが、こちらに関してもその「アレルギー発生の可能性」が気になるところ。

 

果たして、利尻ヘアカラートリートメントにはアレルギーの心配は考えられるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

 

 

実は怖い!カラーリングが原因のアレルギー反応

 

実は怖い!カラーリングが原因のアレルギー反応

 

ヘアカラーや白髪染めはお洒落を演出する上での重要な要素にも成り得るわけですが、一般的な毛染め剤の中には人体に危険な成分を含むものも存在します。

 

例えば、「パラフェニレンジアミン」という化学物質もその一つで、最近の研究によるとこれが原因で急性のショック状態、いわゆるアナフィラキシーショックを引き起こす可能性がある事が分かりました。

 

他にも、「レゾルシン」「アミノフェノール」などの成分も人体に悪影響を引き起こす可能性があるとされています。

 

自分で毛染め剤や白髪染めを購入する場合には、成分表をチェックするようにすると安心ですね。

 

 

アレルギー反応が起こるメカニズムとは?

 

そもそも、毛染め剤や白髪染めが原因のアレルギーとはどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?

 

私達の身体は非常に良く出来ていて、何らかの異物が体内に入ってきた事を察知すると、それに対抗する為の「抗体」を作り出します。

 

そして、次に異物が入って来た時にはそれが「抗体」と結合し、それを撃退する為のツールとして身体に炎症反応を発生させるのです。

 

要するに、初めは体内に侵入してきた異物(アレルゲンとも言います)に対する反応はそこまで大きくはないのですが、何度もその異物が侵入してきて抗体と結合する事によって、体内にどんどん蓄積されてしまいます。

 

それが限界に達した時に、皮膚病やアナフィラキシーショックなどの強い反応として身体に不調が出てしまうという事になります。

 

特にアナフィラキシーショックは、顔が2〜3倍に腫れたり呼吸困難を起こしたりする可能性もあり、最悪の場合には命を落としてしまう場合もあるようなので侮ってはいけません。

 

単なるお洒落としての毛染めや白髪染めではなく、そのようなリスクがあるという事も理解しておきましょう。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントは無添加処方なので基本的には安心

 

利尻ヘアカラートリートメントは無添加処方なので基本的には安心

 

本題の「利尻ヘアカラートリートメント」のアレルギー反応の心配に関してですが、基本的には安心して使用出来るアイテムのようです。

 

天然由来の成分で製造されており、香料やパラベンなどはもちろんの事、ヘアマニキュアタイプの白髪染めに含まれている事が多い「タール系色素(人体に有害であるとされている)」なども一切含まれていません。

 

しかしながら、極めて稀なケースではありますが、利尻ヘアカラートリートメントに配合されている天然成分にアレルギー反応が出る方もわずかにいらっしゃるようです。

 

ほとんど考えられないケースであるとは言え、完全に可能性がゼロであるとは言い切れないので、念のためにパッチテストをおこなってから使用するようにすると安心ですね。

 

 

このように、利尻ヘアカラートリートメントでのアレルギー発生の可能性は極めて低く、基本的に安心して使用出来るアイテムであるという事が分かりました。

 

とは言え、上記にあるような天然成分に対してアレルギー反応が出る可能性も否定は出来ないので、自分はアレルギー体質であるという自覚がある方や、皮膚が弱いと感じる事の多い方は、必ずパッチテストをしてから利尻ヘアカラートリートメントを使用するようにしましょう。

↓自然な髪色へ 1,000円OFFはこちら↓

利尻ヘアカラートリートメント