利尻ヘアカラートリートメント 消費期限

利尻ヘアカラートリートメントに消費期限はあるの?

 

利尻ヘアカラートリートメントに消費期限はあるの

 

お肌のお手入れにシェイプアップにと、女性が美しさを追求していく上であらゆる努力が必要になってきますが、年齢と共に気になってくる厄介な存在の一つが「白髪」です。

 

ワックスやクリームで綺麗にセットした髪の毛に白髪が光っていたり、短い白髪がピョンと飛び出していたりしたら心底がっかりしてしまいますよね。そのような悩める女性達の間で近頃話題となっている白髪ケアアイテムに「利尻ヘアカラートリートメント」という商品があるようです。

 

口コミでの評判も良く、髪の毛や頭皮に優しい成分で構成されている事もあってその人気はうなぎのぼりなのだとか。

 

何とも気になるアイテムですよね。

 

しかし、ここで気になってくるのがその利尻ヘアカラートリートメントの「消費期限」です。

 

成分が優れている商品であるのはもちろんですが、自分の好きなタイミングで使用出来たら尚嬉しいですよね。利尻ヘアカラートリートメントの消費期限について詳しく見てみましょう。

 

 

一般的なトリートメントタイプ白髪染めの未開封の場合の消費期限は?

 

保存方法にも要注意

 

利尻ヘアカラートリートメントのようなトリートメントタイプ(ヘアマニキュアタイプ)の白髪ケアアイテムの消費期限は、未開封で3年間が望ましいとされています。開封していないのならばもっと持つのでは…と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、例え未開封の状態であっても3年以上が経過すると商品の中の成分が変化してしまい、白髪が綺麗に染まらなくなったり仕上がりの色が変わってしまったりなどの不具合が出てくる可能性があるのだそうです。

 

日常的に白髪ケアアイテムを使用する方は、価格が安いタイミングでまとめ買いを検討するケースもあるかもしれませんが、飽くまでも3年以内に使いきる事の出来る量に留めるように気を付けましょう。

 

 

開封後の利尻ヘアカラートリートメントの消費期限は?

 

縮毛矯正後に利尻ヘアカラートリートメントを使用する事のメリット

 

では、開封後の利尻ヘアカラートリートメントはどのくらいの期間内に使いきる必要があるのでしょうか?

 

防腐剤などの保存料が配合されているタイプのヘアカラートリートメントであれば、開封から3ヶ月ほどは持つとされていますが、利尻ヘアカラートリートメントの場合はそれらが含まれていない「無添加処方」になります。

 

この場合は、開封後は出来る限り早く使いきる必要があります。

 

長くとも1ヶ月以内には使用するように気を付けるようにしましょう。無添加処方のものは劣化も早いので、品質が落ちたものを使用するのは避けた方が良いと言えます。

 

 

保存方法にも要注意

 

保存方法にも要注意

 

上記のように、利尻ヘアカラートリートメントのような無添加処方タイプの白髪ケアアイテムは、開封後は極力早めに使いきるのが望ましいのですが、その保存方法にも注意が必要です。

 

利尻ヘアカラートリートメントをお風呂場で使用する方が非常に多いと思いますが、その後にそのままお風呂場にアイテムを放置してしまうのはNGです。というのも、お風呂場はとても湿度が高いので菌が発生しやすくもあります。

 

せっかく品質の良い利尻ヘアカラートリートメントであっても、中に菌やカビが出て来てしまっては元も子もありません。

 

使用後にはお風呂場にそのまま放置するのではなく、洗面所の棚の中などの湿気のない場所で保管するようにしましょう。

 

 

このように、利尻ヘアカラートリートメントのようなタイプの白髪ケアアイテムの消費期限は、開封後と開封前とで変わってきます。

 

また、それが無添加処方であるならば、その期限はさらに短くなるという事も併せて覚えておきましょう。

 

そして大切なのが「湿気のある場所を避けて保存する」というポイントです。

 

正しい保管方法をおさえつつ、なるべく品質の良い状態を保ちながら使用していけると良いですね。

↓自然な髪色へ 1,000円OFFはこちら↓

利尻ヘアカラートリートメント