セカンドキャリアのために

セカンドキャリアのために

 

40歳、50歳からセカンドキャリアで役立つ資格をとりましょう。

 

最近は定年退職が65歳に延長される方針が出てきていますが、定年退職が65歳となったとしてもまだまだ元気よくは働けるものです。
普通に70歳前後でも現役で仕事をし続けるためには40歳、50歳代からの準備が大切です。

 

 

今のうちにとれる資格を探しましょう

 

40歳、50歳の年代になると会社でも責任のあるポジションにつく年代になり、そして日々の忙しい業務に忙殺されてしまいます。
そんな中、別の個と考えるのは無理と諦めてしまいがちでずが、実はそのような忙しいときこそ他の事、他の視点で物を考えることが今の業務へ役立つこともあるのです。様々な視点、角度から物事を柔軟に考えられる人が今の時代にはとても強くそして必要とされる時代となってきています。
ではどんな資格、スキルを身に付けるのがいいのでしょうか?それは例えばいまの仕事の延長のものでもいいでしょう。人事部で仕事をする方であれば社員からの相談をよく受けるものですよね。そんな方はカウンセラーの資格をとれば定年後も役立ちますし、そして今の仕事にも役立ちますね。
またサラリーマンでデスクワークをしている方で車が好きならば2種免許をとってもいいかもしれません。定年後もタクシー運転手として働くこともできます。

 

 

55歳までには今の仕事に見切りをつけ新しい世界へ

 

40歳、50歳代で定年後も役立ちそうな資格を取った後は、いつから新しい世界へ踏み出すかが重要になります。
今の会社に定年まで働くこと大切ですが、それよりもちょっと前の55歳くらいが踏み出すにはいいタイミングかも知れません。
それはなぜかいうと、やはり新しいことを覚えるには60歳より55歳の方が断然いいのです。会社の早期退職などのプランなども近年多くなってきているのでそれを使って少しでも早く新たな世界へチャレンジすることがセカンドキャリアには重要になってきます。
変わることは勇気が必要ですが60歳でチャレンジするより少しでも若いときの方が余裕も出て来ます。
何はともあれ40歳から第二の人生にプランを考えながら、今の忙しい日々を過ごしていくことで大きな勝利を勝ち取ることにつながでしょう。