利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントの汗による色落ちを防止する方法とは?

 

利尻ヘアカラートリートメントの汗による色落ちを防止する方法とは

 

近頃人気を集めつつある利尻ヘアカラートリートメント。

 

頭皮や髪の毛に優しい成分で作られているので、肌がデリケートな方であっても比較的安心して利用出来るとの高い評価が挙げられています。

 

しかしながら、この手の白髪ケアアイテムに付き物なのが「汗による色落ちの可能性」です。

 

強い薬剤が含まれている通常のヘアカラー剤とは異なり人体に優しい構造ではあるものの、その分色落ちの可能性が出て来てしまうのもまた事実なのです。

 

しかしながら、この「汗による色落ちの可能性」は、あらゆる対策をとる事である程度は防ぐ事が可能なようです。

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

一番大切なのは「すすぎ残し」をなくす事

 

一番大切なのは「すすぎ残し」をなくす事

 

非常に基本的な事ではありますが、最も大切なのはやはり利尻ヘアカラートリートメントを使用した後のすすぎを十分に行う事であると言えます。

 

利尻ヘアカラートリートメントはいわゆるヘアマニキュアタイプの白髪ケアアイテムで、白髪の表面をコーティングする事で好みの色を付けるという方法になります。

 

その為、使用後のすすぎが甘いとどうしても汗や急な雨などによって色落ちがしやすくなってしまうというわけです。

 

ヘアカラートリートメントの色が出なくなるまで徹底的に洗い流すよう心がけましょう。

 

 

裏技「ドライヤーで加熱」を試してみるのも◎

 

ドライヤーで加熱

 

利尻ヘアカラートリートメントで白髪ケアをする場合、私達の毛髪の中のプラスイオンに利尻ヘアカラートリートメント中の酸性染料であるマイナスイオンがくっつく事によって白髪に色が着く…という仕組みになっています。

 

このメカニズムの場合、ドライヤーの利用などによる加熱によってイオン結合を促進させると、色味が白髪に固定されやすくなると言われています。

 

この働きを利用する事によって色落ちがしにくい状態を作り出す事が可能となるので、ぜひ試してみて下さい。

 

具体的な方法としては、利尻ヘアカラートリートメントを髪の毛に塗った後、そのまま頭にサランラップを巻きます。

 

そしてそこにドライヤーの温かい風を5分間から10分間ほど当てるだけでOK。

 

後は利尻ヘアカラートリートメントを綺麗に洗い流し、タオルで優しく水分を拭き取ってドライヤーで髪の毛を乾かしてから仕上げましょう。

 

 

使用するシャンプーや整髪料の成分にも注意

 

保存方法にも要注意

 

普段自分が使用しているシャンプーが何性か?というのはあまり意識していない方が多いかと思いますが、利尻ヘアカラートリートメントの汗による色落ちを防ぎたいのであれば「アミノ酸系シャンプー」や「ヘアマニキュア用シャンプー」を使用すると良いでしょう。

 

主成分が石鹸であるシャンプーは「アルカリ性」に属し、ヘアカラートリートメントが色落ちしやすくなると言われているので注意が必要です。

 

また、整髪料にアルコールが含まれているタイプのものを使用してしまうと、それも色落ちの原因になり得るので、自分が使っているものは大丈夫かどうかを一度確認してみると良いでしょう。

 

 

このように、利尻ヘアカラートリートメントのようなヘアマニキュアタイプの白髪ケアアイテムに関しては、汗や雨による色落ちに対する対策をとる事自体は可能となっています。

 

しかしながら、白髪をがっつりと染めるヘアカラー剤とは異なり、頭皮や髪の毛に優しい成分で作られている故の色落ちなのだという事もしっかりと理解しておく必要はあるのではないでしょうか。

 

これらを把握した上で、例えば利尻ヘアカラートリートメントを使用した日には黒っぽい服を着るようにする(万が一色落ちしても目立ちにくい為)などの工夫も有効的です。利尻ヘアカラートリートメントの特性について認識した上で、上手にこのアイテムと付き合っていくようにしてみて下さい。

↓自然な髪色へ 1,000円OFFはこちら↓

利尻ヘアカラートリートメント