利尻ヘアカラートリートメント 回数

利尻ヘアカラートリートメントは1本で何回分使えるの?

 

利尻ヘアカラートリートメントは1本で何回分使えるの

 

気になる白髪のケアアイテムとして近頃人気が上昇中の「利尻ヘアカラートリートメント」。強い薬剤であるヘアカラー剤とは異なり、無添加処方で髪の毛や頭皮に優しい点も注目されています。

 

雑誌などのメディアに掲載される事も多いようで、今後益々目が離せない商品の一つであると言えるでしょう。

 

通常のヘアカラーのように1度の施術でがっつりと染めるわけではなく、数回の使用によって仕上げていく事の多い利尻ヘアカラートリートメントですが、ここで気になってくるのが「1本あたりどれくらい持つの?」「1本で大体何回分の量が入っているの?」という点ですよね。

 

当然、1本で何度も利用出来る方がコストパフォーマンスも良く、今後のリピートの検討にも繋がっていくと考えられます。

 

では、利尻ヘアカラートリートメントは1本で大体何回分の使用が可能なのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

 

髪の長い女性と髪の短い男性とでは当然持ちも異なる

 

髪の長い女性と髪の短い男性とでは当然持ちも異なる

 

一般的に女性の方が男性よりも髪の毛の長さが長い場合が多いと思います(もちろん例外もあります)が、当然髪の毛の長さによって利尻ヘアカラートリートメントの使用可能な回数も変動します。

 

実際に使用可能な回数を検証したというユーザーの方々の声を元に、髪が長い場合と短い場合それぞれで大体何回分使用する事が出来るのかを調べてみました。

 

 

髪が短い方(男性など)の場合

 

短髪の方が利尻ヘアカラートリートメントを使用した場合、平均すると大体1本あたりで

 

  • 4回〜6回

 

の使用が可能なようです。これは短さの程度によっても変わってくるようで、スポーツ刈使用出来るようです。使用頻度には個人差がありますりや坊主頭などの方は6回〜7回程度は持つようですし、反対に少し長めの短髪の場合は4回〜5回ほどが、少しでも白髪が伸びてくると根元が目立って嫌だという方は、1ヶ月に2〜3度の使用をお勧めします。

 

 

髪が長い方(主に女性)の場合

 

では次に髪の毛が長い方のケースについて見てみましょう。髪の毛が長い場合は、塗布する部位によって使用可能な回数が変わってきます。

 

こちらも、実際のユーザーの方々の声を元に調べてみたところ、平均して以下のような結果になる事が分かりました。

 

  • 白髪の根元にだけ使用する場合…1本あたり10回〜12回
  • 髪の毛全体に使用する場合…1本あたり2回〜3回

 

白髪染めの定義は特に決まっていないので、根元のみケアをすれば良いという方もいれば全体的にケアをしたいという方も当然いらっしゃいます。

 

そのどちらを選択するかによって1本あたり何回の使用が可能なのかが変わりますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

このように、利尻ヘアカラートリートメントは長さや用途によって多少変わるものの、上記のような内容で使用出来るという事が分かりました。

 

利尻ヘアカラートリートメントのようなヘアマニキュアタイプの白髪ケアアイテムは、ヘアカラー剤を使い慣れている方からすると少々染まり具合に物足りなさを感じる場合もあるかもしれません。

 

しかし、ヘアカラー剤のような強い薬剤を月に何度も使用するのは髪の毛へのダメージにも繋がりますし、だからと言ってケアをせずに放置してしまっては、白髪が目立ってどこかだらしなく見られてしまう恐れもあるわけです。

 

その点、無添加処方の利尻ヘアカラートリートメントは、1度でガツッと染まるわけではないものの、ちょこちょことこまめにケアをする事が出来るので、長い目で見るととてもコストパフォーマンスの良い商品であると言えるでしょう。

 

上記の使用回数を参考にしつつ、ぜひ一度試してみられてはいかがでしょうか。

↓自然な髪色へ 1,000円OFFはこちら↓

利尻ヘアカラートリートメント